アンジュルムの新曲は女子ウケ抜群な女性シンガーソングライター作品



ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、アンジュルム(改名前はスマイレージ)が2018年5月9日に新曲を発売します!

曲名は

泣けないぜ・・・共感詐欺 / Uraha=Lover / 君だけじゃないさ…friends (2018アコースティックVer.)




『君だけじゃないさ…friends』は、前作のCDにも入っていましたが、今回はアコースティックVer.・・・先に言っておきます。星部ショウ曲をそんなに事務所が有難がって、プッシュする意味が本当に分からん。

おかき山は同世代の星部ショウに大変厳しい過去記事



まあ、星部曲は置いておいて、今回

泣けないぜ・・・共感詐欺

Uraha=Lover 

がとっても良い!!!!!!

どちらも、山崎あおいさんという、女性シンガーソングライターが作っています。


とくにUraha=Loverは絶品!女子は大好物でしょ、こうゆう曲。女子ウケですよ、女子ウケ!




しょっぱなの船木結ちゃんの「サプライズが苦手だから・・・」だけでも聴いて下さい。

この1節だけ聴いても、ありがちなアイドルソングとはもはや言えないです。

非つんく♂のハロプロ曲は女子心を表現できる女性製作者が花マル


つんく♂さんがアンジュルム(スマイレージ)の曲を全て担当しなくなってから、中島卓偉、星部ショウと男性の作り手が中心に曲を提供してくれていました。

もちろん良い曲沢山なんですが、

過去作を並べると、児玉雨子さん作詞の『次々続々』は抜きんでていた印象です。


元々ハロプロの曲を書いていたつんく♂さん自身は男性ですが、女性やオネエ様♂たちに、絶大な共感支持を受けてきた、「完全な女性視点のふわっふわキレッキレな感情的な歌詞」を作ってきた方です。


そう、ハロプロ曲と云えば、女子たちが「その女心本当によくわかるぞ!」と共感できるのが個性だったのですが、やはり本物の男性が作る歌詞たちは、どこか違ってた。


そう、よって、♂にも♀にも変化できるつんく♂さんが書かないのなら、ハロプロ曲の制作陣には、女性を持ってくるのが正解なんです。


今のところ、ハロプロ制作陣の中でのコンスタントに稼働していた女性製作者は児玉雨子さんだけでしたからね。(単発なら、赤い風船の津野米咲さんの『泡沫サタデーナイト』や、元スマイレージの福田花音ちゃんも作詞家としてちょこちょこ入ってはきていますが・・・)

今回の、山崎あおいさん(女性)のハロプロ制作陣への進出は大歓迎ですし、大きな希望です!


うん?ハロヲタは年齢層高めのオジサンも多いって?

いえいえ、古くからハロプロをフィールドにヲタ活してるハロヲタのおじさん達は、見かけはおっさんですが、長年のつんく♂さん曲依存から、かなり乙女心を理解しており、心の中に女の子が住んでるから、そこいらのアイドルヲタのおっさんとは違います。(褒めてる
main@2x

山崎あおいとは?慶應出身の女性シンガーソングライター


山崎・・・と聞いて、山崎ハコを連想した、『呪い』が大好きな、おかき山と同じ思考回路の方、一旦落ち着いて山崎あおいさんについての情報をまとめましたので御覧ください。



山崎 あおい
Yamazaki Aoi 
基本情報
生誕 1993年8月28日(24歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2012年 -
レーベル ビクターエンタテインメント(2012年 - )
事務所 ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス( - 2017年)

AKB48のファンだそうです。

アイドルファンなのでしょうか、過去には
安倍なつみに「嘘つき」
ベイビーレイズJAPANに「ストレス」

などの楽曲提供も行っています。

山崎あおいさんも、とてもきれいな方ですね。
慶應出身なら、元ハロプロの鈴木愛理ちゃんと同じ大学ですね。


今回提供のアンジュルム新曲、泣けないぜ・・・共感詐欺 / Uraha=Loverの2曲が本当にキャッチーで、女子ウケ抜群なので、どんどんいろんな方に聞いて欲しいです。

前回のマナーモードも良かったし、ビジュアル・スキル共に満点に近く、かつ和田彩花リーダーの卒業発表後でもあるので、新曲が1位とれることを願っています!

がんばれアンジュルム!
スポンサードリンク