こぶしファクトリーが勢いを取り戻すための2つのキーワード



こんにちわ!おかき山アラレです。

2015年のひなフェスを最後に、ハロプロ全体でのコンサートへの参加はしていなかったんですが、(以降のコンサート参加は娘。単独のみ)
ブログネタ収集目的で、明日(2018年1月14日)に久しぶりにハロコン(中野サンプラザ)に行くことになりました。

子連れでファミ席です、子どもが騒ぎませんように・・・。
去年行ったアンパンマンミュージカルではずっと静かに鑑賞できてたけど・・・不安だ。
どうか皆さん、子連れを見かけたらあたたかい目でお願いします・・・。
子供が大好きな友人(いつものおゆう♂)も一緒だから、全力で友人があやしてくれる・・・ハズ?


さてさて、私の近況はこの辺で、今回は『こぶしファクトリー』について、ずっとあたためていた考察記事です。


去年2017年に、脱退脱退恋愛脱退恋愛恋愛・・・となんだか色々あったこぶしファクトリー。

10代の女の子には思う存分に恋愛しまくって欲しいと思う反面、やっぱりアイドルになったからには節度を以て、恋愛事情は隠し通して欲しいと願ってしまう、自分勝手なアイドルヲタ心。


5人になったこぶしファクトリーが、今後かつての勢いを取り戻し、ハロプロアイドルとして再浮上・お茶の間一般に対してもブレイクしていくにはどうしたらいいのか?

おかき山なりに、キーポイントとなるのは

「星部ショウ」




「つばきファクトリー」

の2つだと考えます。

理由は以下に考察していきます。


こぶしファクトリーのプロデューサーに星部ショウを推す理由




まず、こぶしファクトリーには「星部ショウ」をぜひプロデューサーとしておいて欲しいと思ってます。
実質、こぶしファクトリーデビュー時から、星部ショウはこぶしファクトリーに楽曲提供を継続的に行っており、サウンドプロデューサーといっても過言ではないポジションではありますが、おかき山的にはもって密な関係にあって欲しいのです。


おかき山は、過去に星部ショウ✖モーニング娘。に関しては、散々否定的な記事を書いてきましたが(笑)
星部ショウについて書いた過去記事リンク

こぶしファクトリーに関して、見事にマッチングするのは星部ショウだと思ってる。

アニメ系の曲を作る星部ショウ(多分アニオタ)と、もともとBerrys工房の後釜を期待されて個性的なメンバーが集められたアニメっぽさのある『こぶしファクトリー』は、星部ショウと親和性が高い

例えば、モーニング娘。'16楽曲『ムキだしで向き合って』は、モー娘。が歌って踊ると、どこが生々しく思えたけど、こぶしファクトリーが歌ってるとこみたら、色気を全面的にというよりは、「アニソンみたいに疾走感があってカッコイイ!」と思いました。


星部ショウ自身も、こぶしファクトリーのことは「同期だと思ってる。」と語っていますので、かなり思い入れも大きいグループなんだと思います。

モーニング娘。曲作らせてる場合じゃなくて、事務所(アップフロント)は、この際星部ショウを作り手として育てていくつもりだったら、どんとこぶしファクトリーを任せてしまえばいいよ。

こぶしファクトリーの残ったメンバーは気合と根性が据わった子ばかりなので、デビュー時から多くの楽曲担当して辛酸いっしょに舐めてきた星部ショウとだったら、新しいこぶしファクトリーを作れるはずだから。


つばきファクトリーとのコラボレーションを期待



こぶしファクトリーの後発で、つべきファクトリーというグループがあるのですが、いつぞコラボ企画をやってくれるのかと、おかき山はずっと待っているのですが・・・。


ハロプロ研修生の発表会やらで時々共演したり、ハロコンで合同で歌ったりはしてるんですがね・・・。

こう、私的に期待してるのはベリキュー(Berrys工房✖℃-ute)の『甘酸っぱい春にサクラサク』や『超HAPPY SONG』みたいに、合同でCD出すとかなんですよ。
もしくは、公式ライバルとして、ハロステで勝負企画とか頻繁に行って、ファンの目の前でパフォーマンスとして競わせるか。


同世代で、どちらも下積み期間あり、ナイストレーニー組あり・・・って、もう競い合わせて一緒に高みを目指していく関係としてクローズアップしていけば、盛り上がるのに。

アンジュルムに、「打倒モー娘。」とか言わせてる場合じゃないよ事務所ぉ・・・。

レコ大の新人賞受賞の時に、「ライバルのこぶしファクトリーがあ・・・」と申し訳なさそうにつばきファクトリーちゃんに宣伝させるだけじゃなくて、もっと公式に何かやらないと、わざわざ同時期に2グループハロプロ研修生から選抜して作った意味が薄れてしまうよ。

こぶしファクトリーはこれからだ!


全員スキルがあり、美人という奇跡のアイドルグループ℃-uteを在籍させながらも、メガヒットさせられずに終わってしまった実績がアップフロントにはありますので、素材はいいのに腐らせるじゃないけど、私はそんな風に終わってしまったらもったいないと思うの。
ハロプロ全体に言えることだけどさ。

こぶしファクトリーは、初期のももいろクローバー的な、他にライバルがいなさそうな独特の雰囲気をもったアイドルグループなので、このまま独自の色を変えずに進化していくことが出来たら、絶対に花開くと思ってる。

絶対的Wエースの浜ちゃん、れいれいに続き、今や人気ナンバーワンの野村みなみちゃん、癒し系の和田さくちゃん、個性派の広瀬リーダーと、まだまだ布陣は強い。


本日2018年1月13日のハロコンにて、こぶしファクトリーの新曲『これからだ』が初披露されたそうです。

本当に、こぶしファクトリーはこれからだ

スポンサードリンク